ムラカミカイエ X SAVEJAPAN!東日本大震災 長期支援プロジェクトについて

THINK FUTURE

・継続性と創造性の伴ったオーディエンス参加型の災害支援プロジェクトを、クリエイターや
 企業と共に企画キュレーションし、新たな文化価値創造と被災地への支援活動を多面的に行います。

・地震国家"日本"の新たなQUALITY OF LIFEを探求すべく、オーディエンスとともに
 チャリティーや日本復興について学び、考え、議論するメディアを作ります。

・国内外のメーカーや工場等と協業し、震災で被害を受けた日本の文化産業を支える素晴らしい
 技術を持ったインフラに対し直接支援。「Made in Japan」ブランドの復興を目指します。

THE NEXT STEP

3.11、すべてが変わってしまった日。
エリア別救済支援情報サイト「SaveJapan!」を立ち上げたとき、
チャリティーをやるつもりは全くなかった。

思いが変わったのはあの日から2週間経ったころ。
余震は収まる気配もなく、報道の内容も刻々と移り変わる状況のなか、
日増しに寄せられるたくさんの御礼や励ましの言葉、そしてボランティア志願のメール。
独り歩きしはじめたこのビッグメディアに集まった多くの期待とそのパワーを
絶対このまま無駄にしてはいけないとおもったことがきっかけ。

でもやると決めたものの、自分自身がチャリティーについてほとんど知識がないことに気がついた。
そして日本という国が、ボクと同様、このあまりに急な出来事にまったく準備ができていないことも。

集まったお金が何に使われているのか。
集まったお金はどう使われるべきなのか。

お金を集めて、それをそのまま右から左に流すことはしたくない。
それは、いま目の前で起こっている問題は、僕らが自分たちの生活を
必要以上に誰かに委ねすぎてしまったことに原因があるからだ。

この災害は、僕らに対し一つ一つ思慮深くなる必要と、
一人ひとりが強い発言力と、具体的なアクションをもって
自らの力で前に進んでいくことの重要さを改めて教えてくれた。
僕らはもう同じ過ちは決して繰り返してはいけないのだ。

そんな思いが強くなるにつれ、民間主導で長期的に継続して復興支援が出来る方法はないものかと考えた。
これから長く続く復興への道のりを、新たなヴィジョンと価値創造の機会にするために僕らは動きます。
普段一緒に仕事をしているファッション、デザイン業界のクリエイティブ層の仲間の創造性と
さまざまな企業の持っている技術を集約させ、オーディエンスが普段の生活のなかで
気軽に参加できるチャリティーを組み込ませていく。

これが「SAVEJAPAN! PROJECT」次の使命だと考え、皆さんと一緒に考え、学び、行動をしながら
少しでも災害にあわれた仲間たちと、これからの日本のために少しでも多く貢献していきたいと考えています。

April 15, 2011